意外と知らない?葬儀のマナーとは

葬儀では、急なことであるため、やってはいけないNGな行動をとってしまう人がいます。ある日突然知らせを受けることになっても、正しい対応がとれるように、NGな行動についてはあらかじめ知っておきましょう。

訃報の知らせをうけたら、すぐにかけつけたくなる気持ちはわかります。しかし、たとえ親しい仲だとしても、深夜に訪問をすることは避けましょう。また、葬儀を控えた家族は、悲しみの中で、準備に追われています。なるべく電話をかけることもしないほうがよいです。伝えたいことがあるときは、告別式などで直接会って伝えるようにして、告別式に出席ができないときは、弔電をうちましょう。

お葬式の当日は、送れて出席をする人もいますが、なるべく避けましょう。家族は参列者への対応をしなければならず、余計な負担をかけてしまいます。時間をきちんと守って行動をすることが大切です。葬儀の時には、昔の知人や、仲の良い知り合いと会うこともあるでしょう。しかし、仲の良い知り合いと会ったからといって、余計なおしゃべりは控えましょう。

弔電とは、やむを得ない事情があって通夜や告別式に参列できないときに喪主や親戚に対して弔意を表す電報を送ることで、遅くても告別式に間に合うように手配します。

弔電を出す場合、その一つの方法としてNTTの115に電話をする方法があります。
受付時間は午前8時から午後10時までとなっていますので注意が必要です。
文章を自分で考えることもできますし、NTTの文例を利用することもできます。
弔電の文章を考えてから115に電話をし、自分の電話番号、名前、送り先の住所、名前を告げ、台紙を選びます。
電報に記す文章をゆっくり読み、オペレーターが復唱するのを確認します。
また、NTTの文例を使用する場合はその番号を伝えます。
最後、オペレーターが文字数と料金の案内をするので確認します。

料金は台紙の種類や文字数によって異なりますが、千円~3千円が一般的となっています。

<PR> 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / 住宅リフォーム総合情報 / 工務店向け集客ノウハウ / クレジットカードの即日発行じゃけん / お家の見直ししま専科 / 健康マニアによる無病ライフ / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / 内職 アルバイト / 貯蓄/ 心の童話 / 童話